リダイレクトとエイリアス

リダイレクト

routes 設定でリダイレクトが可能です。/a から /b へリダイレクトする例:

const router = new VueRouter({
  routes: [
    { path: '/a', redirect: '/b' }
  ]
})

名前付きルートに対してリダイレクトすることもできます。

const router = new VueRouter({
  routes: [
    { path: '/a', redirect: { name: 'foo' }}
  ]
})

また、function を使った動的なリダイレクトもできます。

const router = new VueRouter({
  routes: [
    { path: '/a', redirect: to => {
      // この function は対象のルートを引数として受け取ります
      // ここではリダイレクト先の path もしくは location を返します
    }}
  ]
})

その他の高度な使い方として、 をご参照ください。

エイリアス

リダイレクトが意図するところは、ユーザーが /a に訪問した時に URL を /b に置換し、そして /b にマッチさせます。ではエイリアスは何でしょうか?

/b として扱う /a のエイリアスは、ユーザーが /b に訪問した時に URL は /b のままになります。しかし、それはまるでユーザーが /a に訪問したかのようにマッチされます。

上記はルートの設定で以下のように表現されます。

const router = new VueRouter({
  routes: [
    { path: '/a', component: A, alias: '/b' }
  ]
})

設定のネスト構造による制約とは異なり、エイリアスは UI 構造に任意の URL をマップするための自由さがあります。

高度な使い方に関しては、 をご参照ください。

results matching ""

    No results matching ""