名前付きビュー

しばしば、ネストをさせずに同時に複数の view を表示する必要があるでしょう。例えば、sidebar view と main view を使ったレイアウトを作成する時です。そんな時に名前付きビューは便利です。あなたの view に 1 つのアウトレットを持つのではなく、複数のそれぞれが名前付きの view を持つことができます。名前を持たない router-view はその名前として default が付与されます。

<router-view class="view one"></router-view>
<router-view class="view two" name="a"></router-view>
<router-view class="view three" name="b"></router-view>

1 つの view は 1 つのコンポーネントを使って描画されます。したがって、同じルートに対する複数の view には複数のコンポーネントが必須になります。この components (s が付いている) オプションに注意してください。

const router = new VueRouter({
  routes: [
    {
      path: '/',
      components: {
        default: Foo,
        a: Bar,
        b: Baz
      }
    }
  ]
})

この例の動作しているデモは こちら です。

ネストされた名前付きビュー

ネストされたビューを持つ名前付きビューを使用して複雑なレイアウトを作成することができます。そうする際に、ネストされた router-view コンポーネントを使用するために名前をつける必要があります。設定パネルの例を見てみましょう:

/settings/emails                                       /settings/profile
+-----------------------------------+                  +------------------------------+
| UserSettings                      |                  | UserSettings                 |
| +-----+-------------------------+ |                  | +-----+--------------------+ |
| | Nav | UserEmailsSubscriptions | |  +------------>  | | Nav | UserProfile        | |
| |     +-------------------------+ |                  | |     +--------------------+ |
| |     |                         | |                  | |     | UserProfilePreview | |
| +-----+-------------------------+ |                  | +-----+--------------------+ |
+-----------------------------------+                  +------------------------------+
  • Nav は普通のコンポーネントです
  • UserSettings はビューコンポーネントです
  • UserEmailsSubscriptionsUserProfileUserProfilePreview はネストされたビューコンポーネントです

Note: そのようなレイアウトに HTML/CSS がどのように表示されるのか、そして使用されるコンポーネントに焦点を当てる方法については、ここでは忘れましょう

上記レイアウトでの UserSettings コンポーネントの <template> セクションは次のようになります:

<!-- UserSettings.vue -->
<div>
  <h1>User Settings</h1>
  <NavBar/>
  <router-view/>
  <router-view name="helper"/>
</div>

ここではネストされたビューコンポーネントは省略されていますが、上記例の完全なソースコードをここで見ることができます

それから、以下のルート設定で上記のレイアウトを表現することができます:

{ path: '/settings',
  // トップで名前付きビューを持つこともできます
  component: UserSettings,
  children: [{
    path: 'emails',
    component: UserEmailsSubscriptions
  }, {
    path: 'profile',
    components: {
      default: UserProfile,
      helper: UserProfilePreview
    }
  }]
}

この例の動作するデモは、ここに見ることができます。

results matching ""

    No results matching ""