動的ルートマッチング

パターンを使って同じコンポーネントにルートをマップする必要がしばしばあるでしょう。例えば、 User コンポーネントは全てのユーザーに対してレンダリングされるべきであるが、それぞれ異なるユーザー ID を持つ場合などです。vue-router ではパスの中の動的なセグメントを使用して実現できます。

const User = {
  template: '<div>User</div>'
}

const router = new VueRouter({
  routes: [
    // コロンで始まる動的セグメント
    { path: '/user/:id', component: User }
  ]
})

これで /user/foo/user/bar などの URL 両方とも同じルートにマッチします。

動的セグメントはコロン : を使って表されます。ルートがマッチした時、この動的セグメントの値は全てのコンポーネント内で this.$route.params として利用可能になります。したがって、現在の `User' のテンプレートを次のように更新することで現在のユーザー ID を表示することができます。

const User = {
  template: '<div>User {{ $route.params.id }}</div>'
}

こちら のデモの例も確認してみてください。

1 つのルートが複数の動的なセグメントを持つこともできます。そして、それらは $route.params の一致したフィールドとマップされます。例:

パターン マッチしたパス $route.params
/user/:username /user/evan { username: 'evan' }
/user/:username/post/:post_id /user/evan/post/123 { username: 'evan', post_id: 123 }

$route.params に加えて、$route オブジェクトでは $route.query (もし URL 上にクエリがあるなら) や $route.hash など便利な情報も利用可能です。それらの詳細については API リファレンス でご確認ください。

パラメーター変更の検知

ルートのパラメーターを使う際に特筆すべき点は、ユーザーが /user/foo から /user/bar へ遷移するときに同じコンポーネントインスタンスが再利用されるということです。 両方のルートが同じコンポーネントをレンダリングするため、古いインスタンスを破棄して新しいものを生成するよりも効率的です。しかしながら、これはコンポーネントのライフサイクルフックが呼ばれないことを意味しています。

同じコンポーネントでパラメーター変更を検知するためには、 $route オブジェクトを watch するだけです。

const User = {
  template: '...',
  watch: {
    '$route' (to, from) {
      // ルートの変更の検知...
    }
  }
}

高度なマッチングパターン

vue-router はパスのマッチングエンジンとして path-to-regexp を使っています。これは Optional による動的なセグメント、Zero or more / One or more に対する要求、また、カスタム正規表現パターンまでもサポートしています。 これらの高度なパターンについてはこちらの ドキュメンテーション または、 vue-router の中でそれらを使っている こちらの例 をご参照ください。

マッチングの優先度

しばしば同じURLで複数のルートがマッチすることがあります。そのようなケースではマッチングの優先度はルートの定義された順番によって決定されます。先に定義されたルートほど優先度が高くなります。

results matching ""

    No results matching ""