ルートコンストラクタオプション

routes

  • 型: Array<RouteConfig>

    RouteConfig の型宣言:

    declare type RouteConfig = {
      path: string;
      component?: Component;
      name?: string; // 名前付きルート用
      components?: { [name: string]: Component }; // 名前付き view 用
      redirect?: string | Location | Function;
      alias?: string | Array<string>;
      children?: Array<RouteConfig>; // ネストされたルート用
      beforeEnter?: (to: Route, from: Route, next: Function) => void;
      meta?: any;
    }

mode

  • 型: string

  • デフォルト: "hash" (in browser) | "abstract" (in Node.js)

  • 利用可能な値: "hash" | "history" | "abstract"

    ルーターモードの設定。

    • hash: ルーティングに URL hash を使います。HTML5 History API をサポートしていないブラウザ含めて、全ての Vue がサポートしているブラウザで動作します。

    • history: HTML5 History API とサーバーの設定が必要です。HTML5 History モード をご参照ください。

    • abstract: 全ての JavaScript の環境で動作します。 e.g. Node.js を使ったサーバーサイド。 もしブラウザの API が存在しない場合、ルーターは自動的にこのモードに強制されます。

base

  • 型: string

  • デフォルト: "/"

    アプリケーションのベース URL です。例えば、 /app/ 配下で完全なシングルページアプリケーションを提供する場合、 base"/app/" の値が使われるべきです。

linkActiveClass

  • 型: string

  • デフォルト: "router-link-active"

    グローバルに設定される <router-link> のデフォルトのアクティブクラスです。こちらの router-link もご参照ください。

scrollBehavior

  • 型: Function

    シグネチャ:

    (
      to: Route,
      from: Route,
      savedPosition?: { x: number, y: number }
    ) => { x: number, y: number } | { selector: string } | ?{}

    より詳細ついては スクロールの振る舞い をご参照ください。

results matching ""

    No results matching ""